おすすめアドバイス おすすめ基礎知識 おすすめ練習法 練習効果ブログ

正しいクラブスイング入門|前傾姿勢と手打ちのクセの関係

今回は正しいクラブスイングの入門編について説明していきます。

ゴルフを始めたばかりの人はよく、トレーナーや上手い人からのアドバイスの際、「手打ちになってしまっている」といわれたことはありませんか?

もしくは、「もっと体をつかいましょう」という表現かもしれません。

実は、ゴルフスイングを正しくするためには、アドレスの姿勢が深くかかわっているのです。

アドレスの指摘の前にスイングの指摘する人の言う事は聞かないことをおすすめします。

それくらいアドレス、特に前傾姿勢が大事となってきます。

 

前傾姿勢と手打ちの関係性とは?

こちらは、この説明をみて実践すると分かりやすいのですが、起き上がった状態でクラブを振ってみてください。

腕、手首がスムーズに動くのが分かります。

そして、今度は前傾をした状態で同じことをやってみましょう。

逆に手を動かしにくく、体が左右に回転しやすいのが分かります。

つまり、手打ちのクセが強い人のまず見るべきポイントは前傾姿勢なのです。

そして、一番難しいのが正しい前傾角度を作ることです。

前傾が深すぎてももちろんスイングができないので、ここが一番のポイントです。

腕が肩から真っ直ぐに下ろした位置にグリップが来る角度が正しい前傾角度になります。

即ち、クラブの長さに応じて前傾角度は変わるということです。

色々な長さのクラブで試してみてくださいね。

 

手打ちのクセになりやすい人

手打ちとは、体の回転よりも、手の稼働量が多いことをさします。

ゴルフでは、基本的には、手と体を同調させるというのがセオリーになります。

手元が常に胸の正面から外れないようにスイングできていることが同調できているということになります。

胸よりも手元が後ろに行けば、インサイド、胸よりも手元が前にあればアウトサイドと表現します。

手打ちになりやすい人は、前傾姿勢を確認後、スイングの始動に注目しましょう。

始動時に手元しか動いていない場合は、手打ちになります。

左肩、手元、胸が一緒に動くことを確認しましょう。

前傾姿勢している分、お腹に力をいれやすいはずなので、「フンッ!」と力を入れて始動させてみましょう。

それだけで手打ちが解消されることが多いです。

 

まとめ

最後に、手打ちを注意されたら、必ず前傾姿勢を確認しましょう。

そして、分からない場合には、一度スクールで見てもらってください。

アドレスはゴルフの基本中の基本なので、この場合、ゴルフ未経験者を中心にレッスンしているサンクチュアリゴルフの体験レッスンに行ってみてはいかがでしょうか?

 

【効果に違いアリ】有名ゴルフレッスン人気おすすめ比較ランキング

-おすすめアドバイス, おすすめ基礎知識, おすすめ練習法, 練習効果ブログ

  関連記事

関連記事

no image

ゴルフ上達入門|あなたがバンカーでダフリをなくすための練習法

ゴルフ場では、どうしても避けられないバンカー。 バンカーで何回も叩いてスコアが悪くなってしまうことよくありますよね? バンカーでは、ダフリ、ホームランのミスが出やすく、この2つを恐れると今度はちゃんと …

no image

ゴルフの豆知識|ダウンスイングとダウンブローの違いについて

ゴルフを習うに当たってよく耳にするであろう言葉の「ダウンスイング」と「ダウンブロー」。 同じダウンでも意味合いがかなり変わってくるので覚えておく必要があります。 それぞれの意味合いを説明していくので、 …

no image

ワンポイントレッスン|ドライバー・アイアンのグリップの握り方

みなさんは、ドライバーとアイアンで握り方を変えていますか? 人によって、全クラブクラブ同じ握り方の人もいますし、クラブごとに握り方を変える人もいます。 今回は、球筋や症状によっての適性の握り方をお教え …

no image

傾斜を使ったアプローチ練習ができるオススメのゴルフレッスン

なかなか傾斜の環境で練習することが難しい都内のインドアスクールに通っているみなさん。   コースでしか経験できず苦労しているのではいでしょうか?   実は、ライザップゴルフでは、傾 …

no image

ゴルフコラム|ゴルフが上手くならない人と下手になった人の共通点

ゴルフが上手くならなかったり、やればやるほど下手になっていくという人には共通点があるのです。 スクールに通ってお金をかけているのに、そんなことになったら大変です。 そうおならないために、ここにその理由 …

ブログ王ランキングに参加中!