おすすめアドバイス おすすめ基礎知識 おすすめ練習法 練習効果ブログ

ゴルフ上達入門|あなたがバンカーでダフリをなくすための練習法

ゴルフ場では、どうしても避けられないバンカー。

バンカーで何回も叩いてスコアが悪くなってしまうことよくありますよね?

バンカーでは、ダフリ、ホームランのミスが出やすく、この2つを恐れると今度はちゃんと当たってもパワー不足で砂から脱出できないなんてこともよくあります。

今回は、絶対にダフらなくなる練習法を紹介いたします。

 

ボール無しで砂を飛ばそう!

バンカーでは、基本的にエクスプロージョンといい、砂を爆発させるように打たなくてはいけません。

そのため、あえてボールの手前の砂をたたくということになります。

バンカーでのダフリは、手前をたたきすぎてしまった場合に使います。

ボールのやや手前の砂を叩くことより、ボールがフワッと出るのです。

直接ボールを打つと、ホームランになってしまうので気をつけましょう。

さて、しっかりとバンカーから出す練習法ですが、実際にバンカーから練習してもらうのですが、ボールは入りません。

砂を飛ばしてください。

一番遠くに飛ばせた砂がイコールとして、ボールの飛ぶ距離となります。

砂が出なければ、ダフリ、 砂が飛ばなければトップとなりますので、自分で練習していても分かりやすいですよ。

しっかり砂をたたき、砂をバンカーの外まで飛ばしましょう。

 

 

練習場でも練習できる方法

なかなかバンカーで練習ができない人は、練習場でも練習できる方法を教えます。

高めのティーを用意し、ボールをティーに乗せます。

クラブがしっかりとボールの下のティーだけを打ち込んだ場合、ボールはだるま落としのようにそのまま落ちます。

しかし、クラブが上を通過すると、ボールは飛んでいってしまいます。

さらに、マットを叩いてしまっても、ボールは前に飛ぶか、ティーに乗ったままになります。

適度にティーを叩くことによって、ボールがそのままティーから落ちるだけになります。

練習場の場合は、ボール単価のところが多いので、失敗すればするほどボール代がかかりますが、成功するとずっと同じボールで練習できます。

ぜひ、だるまおとしを成功させましょう。

 

 

まとめ

最後に、バンカーの練習は、もちろんバンカーでした方がいいですが、上記の様に練習場でもできます。

苦手ならなおさらたくさん練習する必要があります。

自分ではなかなか分からないという場合には、ぜひゴルフスクールのコースレッスンに参加してみてください。

サンクチュアリゴルフでは、バンカーに特化したレッスンがあるので、ぜひ参加してください。

【効果に違いアリ】有名ゴルフレッスン人気おすすめ比較ランキング

-おすすめアドバイス, おすすめ基礎知識, おすすめ練習法, 練習効果ブログ

  関連記事

関連記事

no image

ワンポイントレッスン|ドライバー・アイアンのグリップの握り方

みなさんは、ドライバーとアイアンで握り方を変えていますか? 人によって、全クラブクラブ同じ握り方の人もいますし、クラブごとに握り方を変える人もいます。 今回は、球筋や症状によっての適性の握り方をお教え …

no image

ゴルフ場での持ち物|手ぶらはダメ?服装はゴルフウェアが必須?

ゴルフ場は、レッスンスタジオとは違い、手ぶらでというわけにはいきませんが、近年はだいぶ手軽さが増してきており、ほぼ手ぶらに近い状態でも足を運べるようになりました。 しかし、服装に関しては、なかなか制限 …

no image

ゴルフの豆知識|ダウンスイングとダウンブローの違いについて

ゴルフを習うに当たってよく耳にするであろう言葉の「ダウンスイング」と「ダウンブロー」。 同じダウンでも意味合いがかなり変わってくるので覚えておく必要があります。 それぞれの意味合いを説明していくので、 …

no image

パット練習編|あなたが正確にパッティングするために必要なこと

ゴルフのスコアのキーポイントであるパッティング。 みなさん、1ラウンド平均パット数はどのくらいですか? 全部のホール2パットで36パットとなりますが、これ以上のパット数をしてしまっている人は、要練習と …

no image

正しいクラブスイング入門|前傾姿勢と手打ちのクセの関係

今回は正しいクラブスイングの入門編について説明していきます。 ゴルフを始めたばかりの人はよく、トレーナーや上手い人からのアドバイスの際、「手打ちになってしまっている」といわれたことはありませんか? も …

ブログ王ランキングに参加中!